はじめに

私たちは、考えながら強くなってきました。

私たちは、考えたことを経験に変えてきました。

私たちは、経験をし成果に変えてきました。

 

そして、成果を次のデザインの為に生かしてきました。

 

私たちはこれからも考え続けます。


お客様の「素敵空間」をデザインするために。 

 

maruman fair 2015
maruman fair 2015

profile

profile
DECORATION S GREENチーフデザイナー芹田豊
東京都品川区小山台1-2-2-101
1973年生まれ。 
ヒカリエやスカイツリー、北海道から長崎まで全国の商業施設のテナントやイベント装飾を手掛けるフラワーデザイナー。
 
2014年には日本・中国・韓国の3か国において、文化芸術による発展を目指す「東アジア文化都市2014横浜」のコンセプトカフェのフラワーデザインを担当。
マルマンフェア2015(Maruman株式会社)では、新作発表のディレクションを担当。
コンセプト設定、会場デコレーション、アニメーション制作、照明設営などのデザインを提案。
過去最高の来場者数を記録。
 
2016年1月兵庫県明石駅 商業施設「ピオレ明石・東館」全館装飾。
「ピオレ明石・西館」では常設設置の壁画をディレクション。
活動内容
  • 空間装飾デザイン・施工業務
  • フラワー&グリーンデザイン・施工業務
  • ディレクション企画
  • 業務代行
  • アシスト提携
 
活動理念
「人は空間に癒され装飾品に励まされている、植物を飾る事はパワーの源」
 
活動目的
人が持つ優しい心の継続の為、人々の心理的効果の向上や不快感の減少を装飾品やグリーンデザインから提供する。

〒142-0061 

東京都品川区小山台1-2-2-101

デコレーションズグリーン

フラワーリバイバル事務局

serita@flower-revival.jp

新規事業
「花との思い出をカタチに残す」フラワーリバイバルプロジェクトを本格始動。

【フラワーリバイバルとは】
~花から始まる思い出の育て方~
「枯れた花だけど残したい」そんな風に思えた花ならば思い出を「カタチ」に残す。
例えば、記念に受け取った赤いバラから色を抽出。
ショールやポケットチーフに染めてみる。

花は枯れて無くなるけれど、花との思い出が「カタチ」に残る。
  • 商業施設やオフィスタワー、ウェディング等の花装飾
  • 「リバイバル」企画提案花贈りシーンへ向けた企画提案。